トラックの構造や機能・ボディ寸法・架装・トラック買取・中古トラック販売・整備工場【グランドトラックセンター】


 

 
9尺ボディ 荷台寸法が約2700mmでトラックサイズで一番小さいショートトラック
10尺ボディ 荷台寸法が約3100mmで小型トラックの代表的なトラック(4ナンバーが主流)
11尺ボディ 荷台寸法が約3400mmで特装用途に使用される事が多いミドルシャシ(セミロングシャシ)
13尺 ボディ 通称ロングボディ、荷台寸法が約4300mmでワイド、標準ボディと種類がある。
17尺ボディ 通称超ロングボディ(5mボディとも言われる)車両運搬車等に使用される。
20尺ボディ 通称6200mmボディ、4トン車のスタンダード車。
標準キャブ 2トン車、4トン車のスタンダード車
幅広キャブ 標準キャブより幅広なワイドキャブ、ワイドボディ車
フルキャブ キャビン(運転席)にベッドが付いているキャビン
ショートキャブ キャビンにベッドがないキャビン(ベッドレス)
ハイキャブ 運転室内高のとれている車両(1ナンバー車)
ハイルーフキャブ 10トン車に使用される室内高のある車両
1ナンバー 車両寸法がL12×W2.5×H3.8以下(m)道路運送車両法により普通車
4ナンバー 車両寸法がL4.7×W1.7×H2.0以下(m)道路運送車両法により小型車
   
   
   
   
   
   
   
   


 





 


c 2008 Grand truck center. All rights reserved. 京都府公安委員会 第612219610017号